2009年04月27日

ベーシックインカムを読む→ナイス!

有効求人倍率が過去最低だとか、失業者がどうだ、リストラがどうだ。悲しいニュースが流れる昨今ですが。根本的な解決方法は何なんでしょう?

その答えになりそうな構想が「ベーシックインカム」です。
知り合いのブログで紹介されていたので、↓を読んでみました。

ベーシック・インカム―基本所得のある社会へ
ベーシック・インカム―基本所得のある社会へG¨otz W. Werner 渡辺 一男

現代書館 2007-11
売り上げランキング : 55206

おすすめ平均 star
star希望を見た気がした
star翻訳の意義と訳文としての難点

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ベーシックインカムとは、「住民一人一人全てに基本所得を与える」という制度。
「例えば国民全員に毎月20万円を支給する制度が始まったとする。そうすると、労働者は生活の不安から解放されて、一人一人が意義があると思われる仕事(活動)に注力するようになる。」
というのがこの著者の主張です。

諸々問題はあると思うけれど、明治維新で世の中がひっくり返ったように、そろそろこういう抜本的な変革のタイミングが近づいているような気がします。
その中でも、この「ベーシックインカム」はベターなアイディアだと思います。
posted by snsk at 21:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/118187696
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。